【文化】日本人は人を罵る時でも「汚い言葉」を使わない。 人を罵る語彙が非常に少ないため

1: ぽてぽんφ ★ 2015/03/31(火) 18:03:59.24 ???*.net
中国の大手ポータルサイトの網易が運営する書籍通販サイト「網易雲閲読」は29日、 中国版ツイッターの微博(ウェイボー)の公式アカウントで「罵り言葉のどこがいったい…のか」 と題する文章を発表した。中国語では性に関連する罵り言葉が多い。 同文章は、日本文化には同様の罵り言葉が存在しないと指摘した。 中国語で最もよく用いられる罵り言葉が「ツァオ・ニー・マー」との言い方だ。 「ツァオ」は性行為を指す動詞、「ニー」は「お前」、「マー」は母親だ。 「母親」の部分を「祖先」に置き換えれば、さらにひどい罵り言葉になる。 英語の「F–k your mother」との比較では、中国語では隠れた主語が「私」で、 英語の場合には「命令形の隠れた主語」が「お前」ということになる。 「網易雲閲読」は、「中国語は親や祖先を、英語では相手本人を攻撃する」と指摘。 さらに日本の文化では性に絡めて他人を罵る習慣がないと論じた。 同問題について、中国語には「儒教思想の影響あり」と指摘するコメントが寄せられた。 (全文) http://news.infoseek.co.jp/a…icle/searchina_1567796

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1427792639/

人気記事ランキング

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ